【ボカロP次々と復活】おかえりなさい。【あの時代が再び...】

kemuさん復活。ハチさん復活。wowakaさん復活。じんさん復活。

そして、8月31日に迎える『初音ミク10周年』。

 f:id:PlainBread:20170816002039j:image

 

こんにちは、ぷれーんぶれっどです。

 

 

8月15日、カゲプロの日。

 

ボカロPのじんさんが復活しましたね。

なんと4年ぶり。

あの数々の名曲が生まれてからそんなに経つみたいです。

 

 

今年はとにかく凄いですね。

ボカロの波が来てます。

 

 

先陣を切ったのはkemuさんでしょう。

2015年11月6日に突然『敗北の少年-PianoArrange-』が投稿されて話題になりました。

 

ついに、来るのではないかと...

 

しかしその後Twitterは何度か更新しましたが、新曲の発表は無く。

 

 

1年半が経過した、2017年5月31日。(kemuさんの誕生日)

 

『拝啓ドッペルゲンガー』が投稿されました。

ついにキタって感じがありましたね。

 

最近のボカロって名曲がほとんど生まれない、

『廃れた砂漠状態』でした。

 

かつて活躍していた数々のボカロPはいつの間にか姿を消していた。

なかなかボーカロイドの曲が投稿されない、そんな状態でした。

 

 

そんな状況を一気にぶち壊してくれたのは、kemuさんだと思っています。

去年のryoさんの復活も大きかったんですけどね。

(ここでは長くなるので触れません)

 

 

そしてその後、ハチさんの『砂の惑星』が7月21日に投稿。

 

ハチさんは米津玄師名義での活動は継続されていましたが、

マジカルミライ2017のテーマソングを担当するということで、

4年ぶりにボカロ曲をハチ名義で投稿したのです。

 

この曲はボカロ界にとってとても衝撃的な曲でした。

歌詞の内容や映像の内容は、現在のボカロそのもの。

内容についての考察については省略しますが、考えれば考えるほど良い曲だと思える作品に仕上がっています。

 

 

そして8月4日、wowakaさんがTwitterでお知らせツイートを。

初音ミク10周年記念アルバムの曲を書き下ろし。

なんと6年ぶりだそうです。

 

wowakaさんの『裏表ラバース』や『ローリンガール』は僕がボカロにハマり出した時の火付け役とも言っていいくらい大好きな曲。

 

そんなwowakaさんのボカロ曲復活は大きな話題になりました。

 

 

8月15日。

みんな、何かあるんじゃないかと期待していたでしょう。

最近のVOCALOIDの流れは「何か(良い意味で)おかしい」と。

 

期待に応えるように、じんさんは現れてくれました。

大きな、本当に大きなモノを持って。

 

 

カゲロウプロジェクト3rdアルバムのティザームービー。

 

 

最初に見たときは本当に声が出てしまいました。

ついに....来てしまったか...と。

 

アニメのカゲプロ2期自体は去年のうちに発表はされていました。

タイトルである『メカクシティリロード』という言葉とともに。

 

ただやっぱりはっきりとはしていなかったんですね。

ボカロ曲の発表があったわけではなかったですから。

 

 

今回のカゲプロの日の発表によって、1つの可能性が浮上してきたと思います。

 

 

 

そろそろボーカロイドが、再びネット上を賑やかにしてくれるのではないか

 

と。

 

 

これから沢山のボカロ曲が投稿されていくでしょう。

そして歌い手さんも活躍していくのでしょう。

 

 

ようやくです。ついにです。来ましたよ。

新しいボーカロイドの時代が。

 

 

今回この記事に書きませんでしたが、

他にも今年、久しぶりにボカロ曲を投稿された方は何人もいます。

 

様々な良曲が発表され続けています。

 

 

みなさん、おかえりなさい。

 

本当に、今言えるのはそれくらいですけど、嬉しいです。

帰ってきてくれて、ありがとうございます。

 

 

 

これからも、ボカロを大好きであり続けられますように...!!!!!